--.--.-- | スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.12.06 | 鬼畜商4日目~帰国&犬クエ

071206_4.jpg
LV54と半分くらいのところで、C1が切れたので、定期船でロンドンへもどりました。
偶然シャンも定期船乗っててびっくり。
珍しくリスボンに用事があったようです。
しかし、PKって目立つというか、みんな関心があるものなのかも?。
シャンが離席してるあだいに、二人くらい見に来てた。
もしかしたら、被害者になったことがある人なのかもしれないけど・・・。

071206_1.jpg


ちなみに、現在のシャンディアはヴェネですが、
イングは同盟国なので襲ってないでそうです。

ジャカルタで羽むしりをしているときに、初めて子龍さんに会いました。
初めてというか、うちのほうは大海戦でチラッと見かけてはいたんですけど、
忙しそうだったので声はかけなかったんです。
今回は挨拶できました。

で、リスボンからセビリアに向かう洋上で、

子龍はLibertyにガッツポーズした

辻斬りにあいました><。
思うんですが、軍人さんって手が早くないですか・・・?。
気がついたときにはもう、遥か遠くでした。



ロンドンでは、アーセナルさんがライブしていました。
そうそう、そのときにストップRMTのロゴの使用許可と
リンクの許可をもらったので、みなさんよろしくです。
まあ、うちのブログなんかよりずっと有名だから、みんな知ってるとは思うけどね。

LSL(ロンドンストリートライブ)

stoprmt.gif


みなさんご存知だとは思いますが、11月28日にこういう処分がありました。

RMT(Real Money Trading)対策の一環として、
海外からの不正接続アカウント337件につきまして、
アカウント利用資格取消し処分を実施いたしました。

いろんな考えがあると思います。
でも、このことでまじめにやっていたけれども海外からアクセスしていた人たちも
アカバンの対象になってしまいました。
うちには、海外からアクセスしていたフレはいませんでしたが、
お別れの一言も言えずに、去っていった仲間がいるということはやっぱり悲しいです。
つまり、感情でものをいっています。
全く理論的じゃないっていわれたら、はいそうですって言えます。
なので、自分のブログでしか言えません・・・。
悲しいです。

光栄の上の発表を見た感じでは、
RMTにたいして会社はちゃんと対応しているよという
パフォーマンスにしか見えなかったり・・・。

海外からのアクセスも、規約違反だというので、何度も規約をみたんですけど、
コーエーネットワーク利用規約のほうでなくて、
大航海時代の利用許諾契約書のほうにありました。

・・・お客様がお持ちのハードウェア1台のみに本製品をインストール(複製)の上、
日本国内において、個人使用目的のみに・・・

これなのかなと思いました。

もしRMTがなかったら、今回の処置ってなかったんじゃないかな?。
甘いかな?。
でも、ふとそう思ってしまった、かなたでした。


おまけ
アムステルダム海事ギルドにて、犬のペットクエスト

071206_2.jpg


071206_4.jpg


リューベック行くのが面倒だったので破棄w。

コメント

No title

ペンギン超可愛い!!!!!俺もペット飼うわw今度りばの家に犬見に行くから~^^b

No title

こんばんは~

>海外からの不正接続
前にニュースにあったのですが
コレを元に本国(中国)にRMTで稼いだ日本円を
送っていたそうです。
そして送った人間は自宅に中国からの通信を経由する
機器を設置。中国から日本のゲーム鯖にアクセス可能
にしてました。

金額にして1億強の日本円。

中国はこれだけの日本円という外貨を手に入れたということです。
RMTが不用意に海外へ日本円を運んでいるということになりますね。
もちろん送った人間(中国籍)は逮捕されてます。

と、いう事例もありました。

まだまだ甘いところはありますが、
コーエー側としては一応の姿勢を見せたというところで
僕は評価したいとおもいます^^;

シャンへ

うん、ぜひ見に来て^^。
でも、餌あげると街だとちょっとだけ姿を現すので、
どこででも見せられるよ^^。

わかめさんへ

そういうことがあったんですか。

今回のことで、色々と要望書を出している人もいるようなので、
コピーされた回答ではなくて、もうちょっとどういう調査をしたのか
誠意のある回答が出るといいなと思っています。

以前やっていたことのある某MMOは、
バグは多かったし、まき戻りも多かったけど、
GM自身がフィールドを歩き回って不正をチェックしていました。
今思うと、ユーザーのことを大事にしてくれてたきがします。
だからこそ、みんな何年も続けてたんだと思います。
残念なことに、最初に作った人がいなくなって、
それも変わってしまいましたけどね。

ゲームをともに楽しむ立場から、経営になってしまうと、
変わってしまうのでしょうか・・・。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。