--.--.-- | スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.11.19 | EVE ONLINE チュートリアル01~11

Eve Online Tutorial
基本的にエキサイト翻訳にぶち込んでますが
上手く日本語にならなかったところは独断と偏見で超意訳してあります。
英語力があまりないため、間違ってるところもあるとおもいます。
間違えてたらごめんなさい。

ちなみにSSに写っているキャラは、
このチュートリアルのために作ったキャラなのでこのあと消します。

01:HOW TUTORIALS WORK
挨拶と、チュートリアルについての説明。
左のHELPボタンを押すかF12をおして
チュートリアルとラベルを付けられたタブを選び
A new life: Your first days
というところを見てください。

(右下に出るHELPのウィンドウがきえちゃったら、ここからまた選ぶことで再表示することができます。)

t01.jpg


02:CAPTAIN'S QUARTERS
今いるところはcaptain's quartersで、
あなたにだけが利用可能なステーションの内部の個人のエリアです。
移動は、WASDキーです。
行きたい位置に左のマウスボタンをダブルクリックでも移動できます。
カメラを動かすためには、左のマウスボタンを押したまま動かしてください。
スクロールでズームできます。


03:SKILLS(CALDARI/MINMARAE)
スキルの覚え方の方法について。
Shield Operationスキルを渡すので、それでスキルの覚え方を説明します。
左の下のほうにあるITEMSというボタンをおして、アイテム格納庫を開きます。
左の上のほうにあるCHARACTER SHEETボタンを押してCHARACTER SHEETを開き
右のほうにあるOpen skill queueボタンを押します。
そこに覚えたいスキル、
この場合はアイテム格納庫にあるShield Operationスキルをドラッグアンドドロップします。
右に24時間分の覚えたいスキルを登録するくとができます。

t02.jpg
t03.jpg


04:THE PILOT CERTIFICATION COURSE
スキルをセットして覚えるまでの間にパイロット証明コースをとります。
スターシップ・ナビゲーション、コンバットおよび恒星間旅行の基本を教えます。
ステーション・メニューのエージェント・タブを押して
私(AURA)を右クリックして会話を始めて(START CONVERSATION)ください。

t04.jpg

ウィンドウが出ます。

t05.jpg

パイロット証明コースを始めるためにエージェント会話ウィンドウ上の受理ボタン(ACCEPT)をクリックしてください。


05:THE SHIP HANGAR BALCONY
初めてドッキングを解く時、あなたはカプセルの内部にいるでしょう。
あなたのカプセルは船長居室からでて船格納庫バルコニーの左側の下にあります。
カプセルに向かって進んでください。

(ちなみにこの、船長居室はとっても重たいので、
PCパワーが足りない人は、上のほうにある「Enter Ship Hanger」というのを押すと
船の画像になり、そこでステーションのコマンドが使えます。)



06:UNDOCKING FROM THE HANGAR
バルコニーに沿って歩いていってください。
左側のガードレールの上にある
Undockボタンを押すことによりステーションを出ることができます。

t06.jpg

宇宙に出るとこんな感じです。

t07.jpg

エージェントがミッションを依頼すると行き先のブックマークが自動で作られます。
それはスペースのどこかでマウスの右ボタンで出てくるメニューの
Select Agent Missions とあるところの下の
Covering the Basics → Encounter (Deadspace) です。
最後に、ロケーションへのワープ(Warp to Location)を選択することで目的地へ移動できます。


t08.jpg

t09.jpg

07:CAMERA MOVEMENT
マウスの左ボタンを押したまま動かすことによって視点を移動させることができます。
ズームはスクロールボタンもしくは左右両方のボタンを押したまま上下することで出来ます。
マウスの右ボタンを押したまま動かすと、船にカメラを集中させずに、自由に見回すことができます。


08:BASIC COMMAND
左のマウスボタンは、事態を選択し、ボタンを押し、ドラッグアンドドロップしたり、他のコマンド機能のために使用されます。
今あなたの前の加速ゲート(acceleration gate)を選択して、1回左クリックしてください。

t10.jpg

コンテキストメニューは重要で有用なツールです。
最も一般的なアクションは右クリックによって扱われます。
加速ゲートは、サイトのエリア間を移動するために使用されます。
ゲートを右クリックしてActivate Gateを選択してください。


09:SHIP MOVEMENT
あなたの船は、あなたが乗るのを待っています。
スペースの船を右クリックして、コンテキストメニューからBOARD SHIPを選んでください。

t11.jpg

あなたのカプセルが別の船の内部に入ることに注意してください。
あなたの船が破壊されるとカプセルは放出されるでしょう。
敵NPC(ノンプレイヤーキャラクター)はあなたのカプセルを攻撃しません
しかし、他のプレーヤーはできます。
あなたの船はルーキー船として知られています。
利用可能な他の船のないステーションでドックに入れれば、ルーキー船が無制限で供給されます。

t12.jpg

1. Capacitor:
電力モジュールおよび船の反り駆動に使用されるあなたの船舶推進動力出所。
あなたのコンデンサーはゆっくり単独で充電します。
2. Shields:
ダメージを受ける船の最初の部分。
3. Armor:
あなたのシールドが低下すれば、アーマーがダメージを受けるでしょう。
4. Structure:
あなたの船体として知られて、これはあなたの船の上の最も弱い保護材です。
5. Speedometer:
あなたの船の流速。
速度を手動でセットするにはバーをクリックしてください。
6. Stop:
あなたの船を止めるには白い三角形をクリックしてください。

あなたがスペースのオブジェクトをクリックすると
items panelの中にアイテムが表示されます。
アプローチ(目標)のような命令を出すか、あるいは情報を示すことができます。
acceleration gateを活性化するにはitems panelの中のActivate Gateをクリックします。
これはチュートリアルのサイトの最後のエリアへあなたを送ります。

t14.jpg

Approachは、あなたがスペースのどんな選択されたオブジェクトにも接近することができます。

t15.jpg

手動であなたの船を操縦するには、移動させたい方角をダブルクリックしてください。


10:LOOTING
EVEでは、structure(構造物)およびwreck(残骸)からのアイテムを略奪することができます。
両方ともは同じ方法でします。
略奪するためには、それがあなたの選択されたitems view中で示すように、structureかwreckを左クリックしてください。
コンテナーのアイコンが今、ウィンドウにあることに気づくでしょう。
structureかwreckの内部の内容を見るためにそれをクリックしてください。
それから略奪するべきwreckかstructureの2,500m以内にいなければならないことに注意してください。

すべての船にはcargo hold(貨物倉)があります。
あなたとアイテムを持ち運ぶためにcargo holdを使用します。
あなたの積荷を開くためには、積荷ボタンをクリックしてください。

t16.jpg

アイテムを略奪し、かつあなたのcargo holdにそれを入れるためには、
cargo holdウィンドウの中へのstructureかwreckからのアイテムをドラッグ・アンド・ドロップしてください。
それから略奪するべきwreckかstructureの2,500m以内にいなければならないことに注意してください。

t17.jpg

11:MISSION 1 COMPLETE
ここのあなたの仕事は終りました。
使命を終えて、かつあなたの報酬を受理するためにステーションへ戻るべきです。
overviewの中のstationを選択して、
次に、選択されたアイテム・パネルからdock を選んでください。

t18.jpg

あなたの使命を提出するために、station menuからAgentsをタブを押して
AURAを右クリックして、mission windowを開けるためにStart Conversationを選んでください。
mission windowが開いたらComplete Missionを選択してください。

t19.jpg

t20.jpg


EVE ONLINE チュートリアル12~18

EVE ONLINE チュートリアル19~24
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。