--.--.-- | スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.11.05 | フィリクエ前提「恐怖という名の海賊」

物語になってて面白いからやろうといわれてやってみました。
それに、一度しかできないらしいので、写真を撮り忘れないよう
緊張して行ってきましたよ^^。

丁度模擬に出るんで砲術家だったので、砲術12、水平14を難なくクリア。
一発でクエストでました。

081105_1.jpg

081105_2.jpg

ウッズ・ロジャーズ>ほう 黒髭のことを聞きたいと・・・

ウッズ・ロジャーズ>ふむ 見たところ
かなりの経験を積んだ航海者のようだ
単なる好奇心というわけではなさそうだな

ウッズ・ロジャーズ>きみが知っているかどうかは分からないが
私は今 バハマの総督でね

ウッズ・ロジャーズ>私なんぞが そんなお偉い役どころを
任命された理由は この海域の混沌にある

ウッズ・ロジャーズ>海賊たちが我が物顔で商船を襲い
ときには街にまで攻め込んでくる

ウッズ・ロジャーズ>偉大な神の威光は届かず
多くの人々は奇妙な信仰にすがっている

ウッズ・ロジャーズ>そんな場所に秩序をもたらすのは
温室育ちのボウヤには到底無理な話 だろ?
それでこの私にお鉢が回ってきたわけさ

ウッズ・ロジャーズ>言ってみれば海賊退治の勇者役だな
とは言え私も昔は同じ存在だったのだがね

ウッズ・ロジャーズ>さて では奴についてなにを話そうか?

ウッズ・ロジャーズ>奴は様々な名を使っているがどれも偽名だ
だから 我々は奴のことを黒髭と呼ぶ
髭を剃られたら困ったことになるがねぇ

ウッズ・ロジャーズ>まぁ 名前なんて重要じゃないのさ
あんたも奴を見たらそれが分かるだろう

ウッズ・ロジャーズ>黒髭のようなものは他には存在しない
この世の中にあそこまでの恐怖をまとった
人間なんぞ 奴以外にはいない

ウッズ・ロジャーズ>だから名前なんてどうでもいい
他の人間と間違えることなんぞ
ありえないんだからな

ウッズ・ロジャーズ>さて・・・・・・私がバハマ総督になって
まずしたことは 海賊を辞めることを条件に
そいつらに恩赦を与えることだった

ウッズ・ロジャーズ>その法を受けて多くの海賊が陸に上がった
もちろん 海に留まった者もいるがね
黒髭もその一人だ

ウッズ・ロジャーズ>これは私の勘だが
奴が海賊をしている理由は
普通の海賊とは違うはずさ

ウッズ・ロジャーズ>いつかは私が奴とぶつかることもあるだろう
その時 きみのような優秀な航海者が
協力してくれるとありがたいんだがね

ウッズ・ロジャーズ>黒髭とも関わる話だ
その信仰についてはね・・・

ウッズ・ロジャーズ>カリブ土着の信仰とカトリック
そして 開拓のために連れてこられた
アフリカ大陸の者たちの宗教

ウッズ・ロジャーズ>それらが合わさった奇妙なものが
この地方では信じられている

ウッズ・ロジャーズ>願いを叶える 他人を呪い殺す
そういう魔術を行う呪い師も
珍しい存在ではないんだよ ここではね

ウッズ・ロジャーズ>噂では 黒髭もその信仰者だそうだ
墓場の主と呼ばれる神を崇めているらしい
奴にはぴったりの神だと思わないかい

ウッズ・ロジャーズ>質問をいただいて光栄の極みだが
私自身の話など聞いてもつまらないよ

ウッズ・ロジャーズ>昔海賊 今総督
といったところかねぇ

ウッズ・ロジャーズ>私のことを 裏切り者 国王の犬と
呼ぶ輩もいるがそれは的外れな意見だ

ウッズ・ロジャーズ>昔も今も 私は好きにやってるだけさ
海に生きる人間なぞ皆そんなものだろう?

ウッズ・ロジャーズ>おっと 今のは総督として
不適切な発言だったかな
是非 他言無用でお願いしたいところだ

ウッズ・ロジャーズ>そこにいるホニゴールドにも話を聞くといい
海賊だった頃に黒髭を部下にしていた男だ
私よりも有益な話を聞けるだろう


ホニゴールド>ウッズの旦那に黒髭のことを
聞いてたようじゃねぇか
わしにも聞きたいことがあるかい?

ホニゴールド>陸に上がった元海賊のこのわしが
まだ航海者の役に立てるとは嬉しいねぇ

ホニゴールド>さあ 海賊の中の海賊について
話をしようじゃないか

ホニゴールド>ウッズの旦那に聞いただろうが
黒髭は昔 わしの部下だったんだよ
すげぇだろう?

ホニゴールド>あんたも分かると思うが
海賊をやってると
運の悪いやつはポンポン死にやがる

ホニゴールド>でなもんで 定期的に補充するわけだ
黒髭はナッソーでわしの船に乗ったのさ

ホニゴールド>どす汚れたボロ雑巾みたいな服を着てたが
眼がやたらギラギラしててな
人の皮を被った化けもんだと思ったよ

ホニゴールド>けど 雇ってみるとこいつが優秀でな
読み書きもできるし 仕事の覚えも早い
あんまり頭がいいもんでびっくりしたぜ

ホニゴールド>だが 戦闘になったらそれはもう悪魔よ
髭に火縄を差し込んだ状態で大砲を速射し
カトラスを持ったら敵船に斬り込んでいく

ホニゴールド>黒髭が入ってから
うちの海賊団は向かうところ敵なしだったよ
やってるこっちが怖いくらいだったぜ

ホニゴールド>・・・・・・そうだなぁ
間近で黒髭という海賊の姿を見て
自分の器ってものが分かっちまったのかもな

ホニゴールド>今までわしがやってきたことは
ぜんぜん海賊って呼べるもんじゃない
何かそう思っちまったんだなぁ

ホニゴールド>わしや多くの海賊は食い扶持を稼ぐために
どうしようもねぇから
海賊をやってたくちだけどよ

ホニゴールド>あいつは他にどんな仕事を選べたとしても
・・・・・・実際 あいつなら他のどんな仕事も
できそうなもんだけどな がはは

ホニゴールド>そんだけの頭があっても
あいつは海賊を選んだってわけさ
覚悟が違うのよ 覚悟がよ

ホニゴールド>海賊としてのやつの器はどえれぇ大きさで
その中に貪欲に何でも飲み込んでいくのさ
んで恐怖に変えて世界に吐き出すってわけよ

ホニゴールド>何で黒髭に興味があるのか知らねぇが
海の上であいつの紋章を見たときは
生まれたての子馬みたいに必死に逃げな

081105_3.jpg

ウッズ・ロジャーズ>話は終わったかな?
黒髭の一味と思われる船を
この街の北で目撃したとの報告を受けた

ウッズ・ロジャーズ>これから向かうつもりだが
よければ きみも一緒に来てほしい

ホニゴールド>旦那もそうやって
自分から恐怖に向かっていく必要はないと
思うんですがねぇ わしは

ウッズ・ロジャーズ>恐怖を克服することが私の性分なんだよ
これ以上 面白いことがこの世にあるのかい

ホニゴールド>やれやれ 陸に上がったものにゃあ
もうわからない話ですな
わしは飲みにでもいきますわ

ウッズ・ロジャーズ>では私は行く
その船団に黒髭がいることを祈ってくれ

ホニゴールド>わしは黒髭がいないことを祈ってるよ
旦那のためにね

081105_4.jpg

黒髭の配下>ここであんたを殺せば
お頭も喜ぶだろうぜ

死ね ウッズ・ロジャーズ

081105_5.jpg

りっちーが白兵仕掛けて撤退されたところに見事にクリ決めて、勝利^^。

黒髭の配下に勝利しました!
戦闘経験を56獲得
戦利金12200㌦を獲得!
クエストを達成しました


081105_6.jpg

クエストを報告し、240000㌦を受け取りました
戦闘経験を240獲得
戦闘名声を90獲得


NPCでてきて、つい話に聞き入ってしまいました。
物語のあるクエストって面白いね。
楽しかったー。

続きは・・・また今度ね^^。
だって、次は広域に転職しなくちゃいけないし、
まだ、必須スキル満たしてないんだもの><。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。