--.--.-- | スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.12.15 | クリスマスイベント-従者の男の依頼(帆塗料その10)

毛織生地20 皮革10 サテン5
報酬 帆塗料その10 ジェスターズキャップ


アムステルダム広場
X071215_4.jpg

従者の男>俺たちは聖ニコラウス様の従者だ~!
                                  ▼
従者の男>良い子には甘~いお菓子を、悪い子にはジャガイモの皮と石炭。すご~く悪い子供は、遠い異国の地、イスパニアまで連れてっちまうのさ!
                                  ▼
従者の男>なに? 服装の趣味が悪いって? いやいや~、従者は毎年こんな格好なんだよ。顔を黒くするのも決まりなんだ。どうせエントツの中を行き来してたら真っ黒になっちまうけどな
                                  ▼
従者の男>俺の格好はどうでもいいとして、俺の相棒を見なかったか?数日前から姿が見えないんだ。船が遅れた関係で、それでなくても人手が足りないってときに何してやがるんだ…
                                  ▼
従者の男>俺は持ち場を離れることができないからなぁ…。お前が代わりに相棒を探してきてくれるよな?
もう一度話しかけると、「従者の男の依頼」を引き受けます
                                  ▼
従者の男>そうか! 引き受けてくれるのか! あんた良いヤツだよ!
                                  ▼
従者の男>アイツは大の酒好きだ。もしかしたら酒場にいるかもしれない…。見つけたらすぐにここに戻るよう伝えてくれ!


アムステルダム酒場

常連客>うへへ、仕事の後の酒は最高だよ~!
                                  ▼
常連客>見かけない顔だが、何か用かい?
                                  ▼
常連客>派手な服装をした男をここで見なかったかって? そういえば、そんな男を見たような見なかったような…
                                  ▼
常連客>お向かいさんに聞いてみてくれ。俺はちと酔い過ぎて、記憶がおぼろげだ…

漁師>あんたも一杯やってきなよ
                                  ▼
漁師>ああ、あの派手な格好をした男とは、数日前、意気投合してここで一緒に飲んだな
                                  ▼
漁師>あの男なら聖ニコラウス祭の従者に抜擢されたのを両親に報告しに行くとか言って、酒場を出て行ったっきりその後は知らないなぁ
                                  ▼
漁師>どこに行ったかって? ええっと…、そうだ。たしかハンブルグと言っていた。飲みながら故郷の話ばっかするから覚えちまったよ


ハンブルグ酒場
X071215_1.jpg

住人>まったく…。俺たちゃ、何やってんだか…
                                  ▼
住人>あんた誰だい? …なるほど。エドガーを探しに来たのか…
                                  ▼
住人>俺はエドガーの旧友なんだが、コイツが久しぶりに故郷に戻ったもんだから、昨晩仲間うちで飲み明かしてたんだ…
                                  ▼
住人>エドガーが聖ニコラウス祭の従者をするって話を聞いて、みんなでうかれちまってさ…、当の本人もつい昔の悪い癖が出てな…
                                  ▼
住人>悪い癖が何かって? うむ。コイツは底なしの酒好きでさ、飲まなきゃ問題はないんだが、飲み始めるとぶっ倒れるまで飲んじまうんだ
                                  ▼
住人>俺が早いうちに止めときゃ良かったんだが、先に酔いつぶれちまってさ…。俺としたことがふがいない…
                                  ▼
住人>あとはご覧の通りだ。聖ニコラウス祭で特別にあつらえてもらった衣装もなく、借金をしてまで酒を飲み干しこのざまだ
                                  ▼
住人>根がいい分、哀れでしょうがない…。航海者さん、どうかエドガーに手を貸してやってくれないかい?
もう一度話しかけると、「住人の依頼」を引き受けます
                                  ▼
住人>おお、そうか! ありがたい! どうにか聖ニコラウス祭の従者として参加させてやりたいんだが、何か解決策はないだろうか…。あとはエドガーの家族から借金取りに話をつけてもらうしか方法は思い浮かばないが…

ハンブルグ広場
X071215_2.jpg

若者>どのようなご用件でしょう?
                                  ▼
若者>いかにも私がエドガーの兄ですが?
                                  ▼
若者>なるほど…。見知らぬお方が我が弟なんぞの事を心配して下さり、なんてお礼を申し上げたら良いのやら…
                                  ▼
若者>弟は昔から自制心のない男なのです。久しぶりに故郷に帰ってきたと思ったらこの有様。もう何も言うことはありません
                                  ▼
若者>あなた様のお気持ちはありがたいのですが、これは当家の問題です
                                  ▼
若者>両親が弟のことを許そうとも、私は勘当するつもりです。弟にもそのようにお伝えください


エドガー>そうか…。友人の頼みでうちの家族から借金取りへなんとか説得をしてもらおうと…。だが、説得どころかもう二度と家の敷居をまたぐなとな…
                                  ▼
エドガー>兄から勘当されるのも当然だ。両親が肩代わりしてくれた酒代の借金を返しに来たのに…。聖ニコラウス祭に出られるからってまたうかれちまって、せっかくの貯金も聖ニコラウス祭で着る衣装もパーだ…
                                  ▼
エドガー>昔から俺は兄と違ってダメな男なんだ…。酒を飲むとつい理性を失っちまってさ…
                                  ▼
エドガー>それでもいつかは兄や両親に認めてもらいたい一心で、稼いだ金をコツコツ貯め、聖ニコラウス祭で活躍する姿を両親と兄に見てもらいたかったんだ
                                  ▼
エドガー>だが、俺にはもう帰る場所はない…。ハンブルグの地を去ることにするよ…
                                  ▼
もう一度話しかけると、エドガーに「手助け」を申し出ます
エドガー>なんだって? なんとかするってどういうことだ?? 今の俺には借金を返す当てなんて何もないんだよ…
                                  ▼
エドガー>解決できるかは分からないが、借金取りと直に会って話をつけるだ!? ここの借金取りは情け容赦のない男で有名なんだ…。話して分かってくれる相手じゃない
                                  ▼
エドガー>分かった。あんたの気持ちだけもらっておく。だから造船所の近くにはくれぐれも近づかないでくれ

ハンブルグ造船所の先
借金取り>あんたが借金をキッチリ返してくれるならそれに越したことはないが。ここだけの話、あの趣味の悪い衣装を頂戴しただけでもかなりの儲けもんだ
                                  ▼
借金取り>ふむ、借金は肩代わりするから、あの衣装だけは返してほしいとな…。悪いんだが、衣装は他の業者に売っちまってもうない。相当いい素材であつらえたのか、かなり高額で売れたよ! むふふ
                                  ▼
借金取り>おかげでこっちは十分儲けられたから、これでチャラにしてもオレは構わないけどな?
                                  ▼
借金取り>うん? 衣装を誰に売ったかって? インドの交易商人に売っちまったからな、どこで売られるといったたぐいの話までは俺の知ったこっちゃない
                                  ▼
借金取り>あんなドラ息子なんてほっときな。どうせまた借金しに来るはずだ。あんたはあんたで生きてりゃいいんだよ
                                  ▼
借金取り>何? 同じ服を買える場所はないかって? あれは聖ニコラウス祭で使う従者専用の特注品だ。そこらのシャレた店でも置いてないだろうな
                                  ▼
借金取り>どうしても必要なら、ロンドンに行けば腕の良い縫製職人がいるから、そこで特別にオーダーするのも手かもな

ロンドン道具屋となり
X071215_3.jpg

縫製職人>いらっしゃいませ、お客様。本日はどのようにお仕立ていたしましょうか?
                                  ▼
縫製職人>ええ!? 聖ニコラウス祭の従者が着てる服をいますぐそのまま再現してほしいですって? たしかに私は王宮からのオーダーも承っているので世界中の服を再現できるでしょう
                                  ▼
縫製職人>ただし! それは布あってのことですわ! 聖ニコラウス祭の従者の服には、この辺では入手できない素材が使われております。お客様、そんな無謀なオーダーをされては…
                                  ▼
縫製職人>もしご自身で生地をご用意できるのでしたら話は別です。私のプライドにかけてもそっくりそのまま再現いたしましょう
                                  ▼
縫製職人>衣装を作るために必要な材料は、毛織生地20枚、皮革10枚、サテン5枚が必要です。毛織生地と皮革はこの辺りでも入手できますが、サテンは遠方でしか入手できないはずです
                                  ▼
縫製職人>素材ごとに1枚でも足りない場合は、お作りできませんのでお気をつけて。では素材を全てそろえたらまた話し掛けてくださいね
                                  ▼
縫製職人>これだけではまだ足りません。ほかに必要な材料は毛織生地20枚、皮革10枚、サテン5枚です。もう一度ご確認ください


縫製職人>毛織生地20枚、皮革10枚、サテン5枚をお持ちのようですね。衣装の材料をお渡しいただけますか?
もう一度話しかけると「衣装の材料」を渡します
                                  ▼
毛織生地を20手放しました
皮革を10手放しました
サテンを5手放しました
縫製職人>たしかに全ての素材をお預かりしました。では早速作業に取りかかりますね!
                                  ▼
縫製職人>……まずは布を切って、この型に合せてっと…
                                  ▼
縫製職人>サテンの生地は慎重に縫わないと。うん、良い出来だわ!
                                  ▼
縫製職人>お待たせしました! ほら、ご希望の通り衣装を再現いたしました! さぁ、どうぞ!
「従者用の派手な衣装」を受け取りました!
                                  ▼
縫製職人>料金は結構です。聖ニコラウス祭のためにお役に立てただけで光栄ですわ
                                  ▼
縫製職人>さぁ、早く衣装の主へお持ちになって。お祭りの成功を心よりお祈りしております

ハンブルグ酒場
エドガー>またあんたか…、もう俺には構わないでくれ… 
もう一度話しかけると、「従者用の派手な衣装」をエドガーに渡します
                                  ▼
エドガー>は?? わざわざ衣装を仕立ててくれたのか?? 借金も帳消しにできたって? Liberty、あんたって人はどんだけお人よしなんだ…
                                  ▼
エドガー>いや、本当にありがとう…。この恩は一生忘れないよ…。おかげで聖ニコラウス祭にも参加できるよ! 家族にもなんとかいい格好ができそうだよ!
                                  ▼
エドガー>俺自身は本当にダメなヤツだが、あんたみたいないい仲間に恵まれて俺は本当に幸せ者だ!
                                  ▼
エドガー>Libertyに何かお礼がしたい。んー、手持ちのもんで悪いが、無一文の俺からの精一杯の気持ちだ。どうかもらってくれ。ここだけの話、乗ってきた船から頂戴してきたもんだがな…
                                  ▼
帆塗料その10を入手しました!
エドガー>さて、俺も早いところ準備をして、アムステルダムに向かうとするよ! 従者の相棒にもすぐ行くと伝えてくれ!

アムステルダム広場
従者の男>あんたどこをほっつき歩いていたんだ。で、うちの相棒は見つかったのかい?
                                  ▼
従者の男>なんだって? そんなことがあったのか…。いやいや、あんたは責任感のある人だ。どうもありがとよ!
                                  ▼
ジェスターズキャップを入手しました!
従者の男>これはお礼だ! 受け取ってくれ!
                                  ▼
従者の男>相棒を探しに行っててろくに祭りの見物もしてないだろう。さぁ、あんたも聖ニコラウス祭を存分に楽しんでくれよな!

スポンサーサイト

2007.11.26 | イングランドイベント24~31章(終)

今日は、朝POPしたら、akirinが珍しくいて、二人でカリブ方面に行くことになりました。
午前中ならPKもいないだろうしね^^。

その前に、うちは週末大海戦の準備のために調理師になりに
転職証をとりにストックホルムまで行ってきました。
戦闘が終わってから転職するつもりでとりあえず用意だけ。

akirinの用事はポルトベロで兵器技術を覚えること。
うちの用事は、
「イングランドイベント24章:海賊に扮して」
サンフアン沖で戦闘(重キャラック*1,商用大型キャラック*5)

と、マニソバ(艦隊料理)の材料のキャッサバを買って帰ることでした。

戦闘のほうは、二人いれば十分かな~って感じで
思ってたよりさくっといって、帰って来れました。
akirinいつもありがとう。
キャッサバもいっぱい持ってくれたので助かりました。
マニソバ作ったらおすそ分けするね。
このあと、もう12時過ぎちゃってたのでごはん落ち。

もどってきたら、あきりんはリオに行くって言ってて、
うちは、できるだけ早く調理師に転職したいというのもあったので、
イベントを進めてみました。
「イングランドイベント26章:単独行動 」
セビリア沖で戦闘、敵艦5隻[戦闘用ガレオンx1,ガレオンx4]

セビリア沖まで行ってみたけど
こんな人通りの多いところで、ガレオン5隻も相手にやって
失敗して沈んでるのもなんか恥ずかしいし
一人じゃ時間もかかりそうだなーって思って、しばらく悩んでいたんだけど
フレンドリストを見たら、シャンがリスボンにもどってきていたので、
ヘルプをお願いしてみました。

Liberty>まだしばらくEUにいるならヘルプ頼んでもいいかな?
シャンディア >じゃあリスで待ってるね^^


正直、セルビア前あたりって危険らしくて、申し訳なかったんだけど、
快く引き受けてくれて、終了。
うち修理しかしてなかったよ!。

キリングリュー>ええいっ! 何をしている
キリングリュー>ヤツらを逃がすな

怒ってる怒ってる。
本当はここでシャンとは分かれて、アムス前は一人でやるか
akirinがもどってくるのまとうかなと思ったんだけど、

シャンディア>アムスは大丈夫?
Liberty>今のと一緒くらい
Liberty>まあアムスはあの・・・負けても恥ずかしくないしw(場所的に)
シャンディア>そっち方面に知り合いいる?
Liberty>いまいないー
シャンディア>いなかったらそっちまで行くよ~じゃいこ^^b
Liberty>あぶないんじゃ?
シャンディア>Σ(´□` ) ハゥそうだったwだいじょぶ^^b


って、そのままついてきてくれたんです。
うち、シャンに大海戦前にマグステと名工ちょっと渡しただけだったのに・・・。
こんなにしてもらっていいのかな。
そのあと、ほんとなにもしてない・・・。
だって、シャンのほうが金持ちだし、強いし(爆。

で、ビスケー湾が向かい風だったので、アラガレとスクーナーで競争しました(笑。
これがとっても楽しかった~。

「イングランドイベント27章:戦う意味」
アムステルダム沖で戦闘、敵戦闘用ガレオン5隻


シャンディアがイスパニア艦隊を拿捕しました!
シャンディアがイスパニア艦隊を拿捕しました!
敵船イスパニア艦隊を撃沈しました!
イスパニア艦隊の船が航行不能になりました!
シャンディアがイスパニア艦隊を拿捕しました!

拿捕3隻・・・早いんだけど><。

シャンディア>時間かかった^^;。相手白兵弱かったw

時間かかったっていうけど、拿捕の早さに見とれてしまったんですがw。
うちが撃沈したの1隻だけ・・・。
なかなか、ガレー乗りの白兵なんて見ることないから面白かった。

で、これで終わりにして、夜にでも最終章の戦闘をしようと思ったんだけど、
それも手伝うっていってくれて、本当に助かりました。
最後は日数たたないとダメみたいだったので、
シャンとは一度別れて、進んだら呼んでってことになりました。
洋上30日、30分くらいかかったかかなぁ。
wikiには何も書いてなかったけど、結構時間が必要だった様です。

「イングランドイベント30章:出撃」
オポルトとヒホンの間の北東大西洋で戦闘、キリングリュー艦隊数(重ガレオン1隻 戦闘ガレオン7隻)


シャンは戦列で登場。

キリングリューの攻撃によりメインマストの帆が損傷しました!
キリングリューの攻撃により船が煙に包まれました!
シャンディアがキリングリューを撃沈しました!
キリングリューの船が航行不能になりました!
キリングリューに勝利しました!
戦闘経験を208獲得
戦闘名声を7獲得
戦利金762㌦を獲得!

キリングリュー>私の… 私の船が沈んでいく…
ライザ>やったわね Liberty!
キリングリュー>Liberty?貴様 ロンドンの!
キリングリュー>くそう… あのとき貴様を… 捕らえておくんだった…な
ライザ>Liberty 帰りましょう!
ライザ>きっとみんなが待ってくれているわ

Liberty>早すぎて写真がまにあわなかった
シャンディア>ごめww


eng3.jpg


一発目クリで700ダメージでてキリングリューの旗艦が沈んじゃったの(笑。


ラストは、みんなで王宮に集まって女王陛下に謁見して終わりです。

eng2.jpg



akirin シャンディア 今日は本当にありがとう。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。